So-net無料ブログ作成
歯の矯正 ブログトップ

矯正中の歯ぶらし [歯の矯正]

歯ブラシをゴシゴシとあてて強く磨いている方をよく見かけます。


 


歯ブラシで強く歯磨きしてしまう患者さんが口を揃えて言うのは、


「強く磨かないと、磨いた気がしない!」


とおっしゃられます。


 


気持ちはわかります。でも少しよく考えてみて下さい。


歯ブラシはホウキと同じようなものなのです。


 


ホウキで砂ぼこりを掃くときに、ホウキを地面に押しつけるでしょうか?


毛先を使ってサッサッサと掃きますよね?


歯ブラシも同じです!


 


毛先を軽く使ってサッサッと磨けば歯も傷まず、キレイに磨くことができます。


力はあまり必要ありません!


 


優しく磨いてしっかりとプラークを落とし、虫歯予防ちましょう!


 


歯の矯正中の歯ブラシ


 


東京で歯の矯正


マイクロインプラント [歯の矯正]

矯正治療の時に使用するインプラントってご存知ですか?


 


歯の代りに使用してかむために使用するインプラントとは違い、矯正期間中のみに使用する小さなインプラントがあります。


マイクロインプラントと呼んでいます。


直径1.5ミリで長さ6~9ミリほどのの小さなねじのようなインプラントです。


 


この矯正用インプラントが矯正装置をコンパクトで効果的に変えました。


今まで動かせなかった方向に歯を移動することができるようになりまいたし、期間を短縮することもできるようになってきました。


 


 また、大掛かりな装置の使用も避けられるようになってきました。


今までヘッドギアと言って奥歯を移動させる時は頭にバンドをつけていましたが、このインプラントを使用すればそんな大掛かりな装置を使わずにたった10ミリ以下の装置でヘッドギア以上の効果を得ることができます。


 


東京の歯の矯正


タグ:歯科矯正

装置が小さくて済む矯正用のインプラント [歯の矯正]

矯正治療の時に使用するインプラントってご存知ですか?


 


歯の代りに使用してかむために使用するインプラントとは違い、矯正期間中のみに使用する小さなインプラントがあります。


 


この矯正用インプラントが矯正装置をコンパクトで効果的に変えました。


 


今までヘッドギアと言って奥歯を移動させる時は頭にバンドをつけていましたが、このインプラントを使用すればそんな大掛かりな装置を使わずにたった10ミリ以下の装置でヘッドギア以上の効果を得ることができます。


 


東京の歯の矯正


矯正中の歯ぶらし [歯の矯正]

歯ブラシをゴシゴシとあてて強く磨いている方をよく見かけます。


 


歯ブラシで強く歯磨きしてしまう患者さんが口を揃えて言うのは、


「強く磨かないと、磨いた気がしない!」


とおっしゃられます。


 


気持ちはわかります。でも少しよく考えてみて下さい。


歯ブラシはホウキと同じようなものなのです。


 


ホウキで砂ぼこりを掃くときに、ホウキを地面に押しつけるでしょうか?


毛先を使ってサッサッサと掃きますよね?


歯ブラシも同じです!


 


毛先を軽く使ってサッサッと磨けば歯も傷まず、キレイに磨くことができます。


力はあまり必要ありません!


 


優しく磨いてしっかりとプラークを落とし、虫歯予防ちましょう!


 


歯の矯正中の歯ブラシ


 


東京で歯の矯正


成人矯正の時の注意 [歯の矯正]

成人矯正で虫歯や歯周病も管理


かみ合わせが変わるので矯正前に仮歯が必要です。


成人の方の矯正治療では、子供の矯正治療では考えなくてよかった問題があります。

これは、歯周病と被せもの治療に関してです。

 

歯周病にかかったまま矯正をすると歯周病が進行します。

そのため、矯正専門医では歯周病の管理ができないでしょうから矯正前に歯周病の治療をしている医院で歯周病の検査をする必要があります。

 

また、成人の方の場合、虫歯の治療をされている方が多いと思います。

いわゆる金歯・差し歯は矯正前のかみ合わせでお作りしますので、矯正後にはかみ合わなくなることが大半です。

せっかく矯正しても歯がかみ合わなくなってしまいますので、矯正しながらかみ合わせの調整をすることが必要になります。

矯正をしながら、かぶせ物の治療を考えなくてはいけません。


 

 

矯正中に歯茎から歯の根っこが出てきたケース


成人の方、歯を抜かずに矯正する場合は要注意


 

成人の方の矯正治療では、あごの骨の成長は終わっており、歯を抜かずに広げると歯の根っこがあごの骨から飛び出してきてしまうことがあります。

 

そういった時は、歯茎とあごの骨を再生させて厚みを出してから、歯を移動させる必要があります。

 

こういった再生治療は歯周外科という簡単な外科方法をすることで可能になります。


 

治療例


歯茎の再生 骨の再生

矯正中歯茎の中から歯の根っこが透けて見えています。

歯茎と骨を再生させて厚みを出しました。

 

東京で歯の矯正

 

矯正中の虫歯と歯周病管理


歯の矯正 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。